バルトレックスにはジェネリックもある

バルトレックスはかつてからヘルペスなどのウイルス感染症に対してよく投与される医薬品となっていましたが、しかしながらこの薬は薬価が高いことでも知られています。
診察料と合わせると一回の治療で5000円近くかかることもあります。
もちろんいくらバルトレックスが高いといっても放置をすることはできないのですから、そうした費用負担を理解したうえで治療を行っていくというのがほとんどのケースになるでしょう。
ですが最近、このバルトレックスという治療薬に関してはジェネリックと言う選択肢も出てくるようになりました。
ジェネリックとは後発医薬品、要するに先に開発された医薬品と同じ成分を使っている医薬品のことです。
医薬品が新薬として開発されるまでには多大なコストがかかるわけですから多くの国では新薬完成から一定期間の間は、他社が同じ成分を使って薬を販売することを禁止しています。
ですがその一定期間、特許期間が過ぎてしまえば、その医薬品成分を開発した製薬会社以外の会社もその成分を利用した医薬品の製造販売に乗り出すことが出来るのです。
現在バルトレックスのジェネリックとしてインターネットで有名なのはインドのシプロ社が製造販売するバルシビルですが、日本国内では世界売り上げ1位の製薬会社であるファイザー社や、日本企業である富士製薬や杏林製薬といったような製薬会社が作ったものも処方できるようになっています。
もちろん実際に薬を処方する調剤薬局に在庫が無ければ処方をしてもらうことはできないのですが、現在では国が調剤薬局などに対してもジェネリック薬の普及を推奨するようになりましたから、処方を希望すればバルトレックスでもジェネリックを処方してもらうことが出来るでしょう。
ジェネリックは薬価としても先発品のバルトレックスより安くなりますから、費用負担を軽くするためにもジェネリックの利用を検討してみてください。